Xperia Z1-fを購入した

はじめて購入したスマホXperia Rayでこれまでずっと使ってきた。

当初からなにより気に入っていたのがやはりあのサイズ感。片手に見事にジャストフィットするし、親指ひとつで画面全体を操作できるわ、ポケットに入れてもかさばらないし。多少の操作性の悪さを感じることがあってもそれを圧倒するほどにベストな大きさだった。

しかし、Xperia Rayの登場から2年半ほど立ったが、世の中のトレンドは残念ながらスマホのメディア機器化とそれに合わせての大型化が進む。
Xperia Rayの3インチ台のディスプレイサイズはついにはほぼ淘汰されてしまい。後継機はもう少なくとも国内では見込めなさそうだなと感じていた。

またXperia Rayはそのサイズのためにかなり性能面でも譲歩をしてしまっているために、なにしろCPUの貧弱さを感じてきてしまっていたのと、内部容量の少なさ(わずか400MB)のために容量管理をすること、アプリのアップデートを断念することなどに色々と限界を感じてきていた。

そんな中登場した今冬の新モデルXperia Z1の小型版、Z1-fは当初からかなり注目をしていた。
さすがにXperia Rayと同じサイズというわけにはいかないが、それでもiPhoneとほぼ同サイズ。それに加えてスペック面ではZ1とほぼ同様。機能面ではさすがに違いはあるが、自分のスマホの使い方的には全く気にならない範囲。さらに昨年末にdocomoから10年以上利用のユーザー向けの特別クーポンが届いたこともあったので、いよいよXperia Rayからの乗り換えを決意した。

docomoショップに行って、直接購入したわけだが店員が新人だったこともあって、色々とトラブルが続発。この新人の対応にもかなりイライラさせられて、たかが機種変更のためだけに3時間も費やしてしまった。。。

とまぁなんだかんだはあったが無事にXperia Z1-fを購入できたのでとりあえず2日ほど使っての雑感。

まぁやっぱりデカイ。これよりもデカイスマホを選ぶ人ってのはどういう風に使っているのだろうかと。
しかし世の中的には今やこれが標準サイズ。ここだけは慣れていくしかないなと思いつつも未だにRayの持ち心地に未練が・・・

しかし、動作はさすがにヌルヌル。2年間置いてけぼり食らったわけだが、さすがにこの速度を体感してしまうともうRayには戻れないのも事実。今までの待ち時間が嘘のようにサクサクと進むので本当にこれだけは満足。

あとdocomo IDのせいで色々とクラウド化されたり、プランが変わったりしたのでLTEでの利用可能容量に制限が加わったりとなにかと制約が大きくなった感は否めない。とりあえず、XiについてはLITEで申し込んでおいたので月の制約は3GBまで。ただ使い始めのこの2日かんでアプリをバカスカ入れなおしていたら、結局アプリのダウンロードだのでいきなり2GBをすでに使用していますという通知がでた。
しかもdocomoの新人店員に勝手にフォトコレクションとかいうアプリのクラウドとの同期をONにされていたためにそれだけで900MB分ほどアップロードした容量として利用されていた。ひどい。
内部容量がやく11GBになったのでその辺は気にしなくてよくなったと思っていたけど、結局こっちのデータ通信量についての管理がやっぱり必要になってしまったのが非常にめんどくさい。

内部容量についてはアプリのSDカードへの移行ができなくなっていたのにも驚いた。Xperia Rayの時はSDカードをうまく使うことで少ない容量でも済んでいたわけだけど、これができなくなったのは悲しい。どうもそうなったのはAndroid 4.0以降からの仕様らしくこれに関してはしょうがないと思いつつもやっぱりいざ内部の容量がいっぱいになりそうだったときの逃げ口を用意できないというのはなんだかモヤモヤする。

あとはやっぱりLTEの速さはかなり実感としても感じている。今までの4G回線とは比べ物にはならないのはわかった。けど制限あること考えればどうなのだろうかどっちもどっちな気もする。制限あってもいいから4G回線しか使えなくなるとかそういう風にはできないものなんかな。

しかしまぁ色々と割引がきいた勢いで買ってしまったが、これが本当に値段相応になるのかどうかはまだ懐疑的。一括で実機代金は払ったので来月からの支払額がだんぜん今までに比べて低くなるはずなので、そこだけは楽しみだ。

とりあえず、ネットやらであがっていた。初期不良っぽいものは今のところみられないのでせめてまた2年ほどはこれで頑張っていけれたらと思っている。

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.