アプリケーションエラーに対処した。

今現在自宅ではWin7のマシンを使っているのだが、
実はWin7に変えてからずいぶんと長い間とあるエラー現象に困っていた。

エラーが発生する条件としては、いつもメインブラウザであるChromeを使って検索窓などに日本語で文字を記入しようとすると、急に以下のようなポップアップメッセージが現れるというものだった。

Application Error / Exception EMMFileError in module tbhookin.dll at 0001FD0B. Error creating memory mapped file 5.

でまぁ、このまま「OK」をクリックしちゃえばそれ以降は何事も無く使えるものだからこれまで特に気にしてなかったのだが、いい加減原因をつきとめなければなぁと思ってエラーの状況について調べてみた。

そうすると、エラー文の中にあるtbhookin.dllというファイルはどうも「Taskbar Shuffle」というアプリケーションのものに関係しているようで、
どうもこのアプリケーションが悪さをしているとのこと。

で、はてこの「Taskbar Shuffle」なんてアプリケーション入れたっけかな…と思って調べてみたら以下の通り。

窓の杜 – 【NEWS】タスクバー上にあるタスクボタンの並び順を自由に変更「Taskbar Shuffle」

あー、確かにXP時代に入れたような気がする!
で、実際に「Taskbar Shuffle」があるかどうか調べてみると・・・

あったーw

で、どうしてこれがいけなかったのかという理由はおそらく以下の通り。

ツールをインストールすることなく、ドラッグアンドドロップで、タスクバーもシステムトレイもアイコンも並べ替えが可能になっています。Windows 7では。

タスクバー・システムトレイのアイコンを並べ替える|Windows7 | オフィスソフト活用・業務効率化Q&Aブログ

こちらのサイトにあるように、どうもWin7ではこのタスクバーのシステムトレイを移動させるという機能はデフォルトであるみたいで、そのため機能がぶつかりあっていたためなんでしょうね。

なので、早速これをアンイストールして削除。
そして再起動してみたら、エラーがでなくなった!

これでエラーの対処としては成功したわけだが、そもそもなぜ日本語で入力をしたときにエラーがでたのだろうか?
タスクバー関係ないと思うのだが。。。
この辺は謎のままである。

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.